スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

最近の流行

最近どんな金融商品が流行しているのかと知人に尋ねられた。「社債」、と答えるのも芸がないので、少し考えた後に、「再証券化商品」と答えてみた。

たちの悪いJokeでもなんでもなく、実際、金融危機の発生以来、あれだけ酷評されてきた再証券化商品はあちこちで新たに組成されている。Bear Stearns、Citigroup、UBSなどの金融機関の救済スキームにおいては、これらの金融機関が保有する証券化商品をさらに優先部分と劣後部分にトランチングしているし、伝家の宝刀のTALFにしても、ABSやCMBSといった証券化商品をさらにトランチングし、国がシニアファンディングを提供してレバレッジをかける仕組みである。

CMBSやCLOのAAAを複数束ねて再証券化するRe-REMICも、夏前ごろから結構組成されたようだ。
先日、Barclaysが発表したスキーム(Protium)も、同行が保有するモノライン保証付きの証券化商品など120億ドルをSPCに移し、優先劣後構造を作ったものである。

こうした仕組みについて、再証券化商品にアレルギーを持っている論者からの批判はあまり多くないような気がするが、単に気が付いていないだけなのだろうか。

再証券化商品については、「リスクが見えにくい」という批判がよく聞かれた。確かに、必要以上にリスク・リターンがわかにくくなっている案件、格付けは高いものの価格のボラティリティも相当高い案件が結構存在したのは事実である。こうした商品が生まれた反省から、BISでは再証券化商品というカテゴリーについて現行よりも2倍から3倍ほど高いリスクウェイトを課す方向で話が進んでいるが、個々の商品のリスク量や透明性にかかわらず、証券化商品を再度束ねて証券化している、という外形だけを基に、高いペナルティーを課すのはどうかなという気もする。

社債・一次証券化商品・再証券化商品とあった場合、リスクがわかりやすい順に社債>一次証券化商品>再証券化商品、というのが議論の前提となっているように思われる。これが、①JALが発行する社債、②日本の住宅ローンを対象にしたRMBS(一次証券化)、③日本のRMBSを二つ集めてさらにトランチングした商品(再証券化)、とあった場合、本当に先の不等式が成り立つだろうか?社債でもJALの発行する社債のように、政治リスクが高くて先行きが不透明で価格が見えないものもあれば、証券化・再証券化でも、中身がわかりやすいものもある。

個人的には、再証券化商品が好きなわけでもなく、これを擁護する立場にもないが、何か問題があった時に、その問題が属するカテゴリーを十把一絡げに「欠陥商品」というレッテルを貼るのは賢明なことではないように思う。冒頭に挙げた数々の例のように、「欠陥商品」の代表格である再証券化商品でも、自身でリスクが分析できて、リターンが見合うと考える投資家は引き続き投資を行なっているのだ。

スポンサーサイト

2009.09.27 | Comments(4) | Trackback(0) | 市場雑感

コメント

>社債・一次証券化商品・再証券化商品とあった場合、リスクがわかりやすい順に社債>一次証券化商品>再証券化商品、というのが議論の前提となっているように思われる。これが、①JALが発行する社債、②日本の住宅ローンを対象にしたRMBS(一次証券化)、③日本のRMBSを二つ集めてさらにトランチングした商品(再証券化)、とあった場合、本当に先の不等式
>が成り立つだろうか?
どういう理論的根拠があって、そのような結論を出されたのでしょうか。
これまで感心して拝見してきましたが、これではすべて無になってしまうと思います。

2009-09-28 月 22:30:41 | URL | 大塚 #ywy5sHbU [ 編集]

CDSから理論をとったらすべておしまいですよ。
ネズミ講と一緒です。
もう一度プロとして初心に返って真摯にお願いします。

2009-09-29 火 00:40:13 | URL | 大塚 #ywy5sHbU [ 編集]

welcome back

久しぶりに拝見したら復活されたのですね。実際に商品を扱っている方の話は臨場感があって参考になります。やったことのないのに知ったかぶって評論家を気取る的外れな意見が多いですが、気にせずブログ続けてくださいね。

それと最近のRe-REMICは再証券化ではあるものの、一つのトランシェを二つに分割しただけのものなど、リスクが分かりやすいものも多いですよね。最近のラリーで妙味が薄れましたがこの劣後部分はリスク対比個人的に美味しいと思ってました。

2009-10-01 木 10:22:56 | URL | yari #- [ 編集]

この日の記事がアップされた時から、コメントを、何度も書こうとだけはしてきたのですが。


>個人的には、再証券化商品が好きなわけでもなく、これを擁護する立場にもないが、何か問題があった時に、その問題が属するカテゴリーを十把一絡げに「欠陥商品」というレッテルを貼るのは賢明なことではないように思う。

私はド素人ですが、そもそも、リスクがわかりにくい構造の商品でもあり、格付け等の本来は多少は信頼できるはずのものに信頼を抱けない以上、丸ごと欠陥商品にさせられてもやむをえないと思います。というか、リスクが読みにくい商品になった結果破綻してしまって大きな危機になってしまったのですから、一旦は全部欠陥商品にされてしまっても、当然だと思います。それから、商品として信頼できるまで地道にやるなどという手法など、非効率にしか見えない世界だと思っていますから。

2009-10-06 火 05:18:55 | URL | その他 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。