スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

米民主予備選に思う

20日に行われた米大統領選挙の民主党予備選は、オバマ上院議員がオレゴン州で、クリントン上院議員がケンタッキー州で、それぞれが勝利したと報じられた。その結果、オバマ氏は予備選で得られる民主党の一般代議員総数の過半数を確保し、民主党指名獲得にまた一歩近づいたことになる。一方のクリントン氏は、まだあきらめておらず、モンタナ・サウスダコタ州で行われる最後の予備選まで戦い続け、民主党は11月の大統領選に勝利することができる人物を選ぶべきであると宣言している。

クリントン氏の強さは、まだまだ保守的な考えを持つ人々が大層のアメリカ社会で、女性であるがゆえに同等に扱われず、厳しい戦いを強いられてきたその軌跡にある。アメリカは、女性の政界への進出度は先進国の中でもかなり遅れており、彼女が現在の地位を築くまでの道のりには並大抵でない苦労があったと思う。夫のビル・クリントンが大統領になった当時も、ファースト・レディーは常に「模範的な主婦」であることが求められており、あくまでも内助の功を果たすことがその役割であった。しかし、ヒラリーは自ら述べているように、母であり妻であるとともに「活動家」であった。そんな彼女は、内助の功を超えた政策関与をしているのではないかと、常に批判に晒されていた。

対するオバマ氏も、幼少期から波乱万丈の人生であった。父親はケニアからハワイ大学に留学していたアフリカ系黒人で、大学で知り合った白人女性と結婚した。そして、バラクを授かったもののまもなく二人は離婚することとなり、母親はインドネシア人男性と再婚し、一家はバラクを連れてジャカルタに転居することとなる。その後、バラクは単身でハワイに戻り母方の祖父母に育てられる。そして、アメリカ本土に渡ってコロンビア大学で政治学を専攻。卒業後、人権問題に関心を持った彼は、黒人教会のコミュニティ・オーガナイザーとしてシカゴに行くこととなる。若干46歳という若さであるが、彼のこうした生い立ちからも、オバマ氏が生まれ育った境遇ゆえの苦闘の人生を歩んできたことが想像できる。

クリントン氏とオバマ氏に共通するのは、この世界には普遍的な常識などないことを知っているということだろう。白人男性が多様性に対する許容力がないということではないが、普通であれば、彼らはマイノリティの立場に置かれることはなく、常に優位な立場で限られた尺度の中で物事を考えている。世の中は広いということを頭ではわかっていても、実際に経験しなければ本当の意味で理解できないこともあるだろう。(オバマ氏も、著書「Dreams from my father」の中で、”I think perhaps education doesn't do us much good unless it is mixed with sweat.”と書いている。) 問題山積みで八方塞がりの様相を呈する今のアメリカにとって、今までにない新しい視点に立って解決策を模索することができるリーダーに期待が集まるのは当然かもしれない。もちろん誰が大統領としてふさわしいかは政策あってのことであるが、同じく問題山積みにもかかわらず期待できるリーダー候補すら見つからない日本よりは、アメリカの未来は明るい気がしてくる。

スポンサーサイト

2008.05.22 | Comments(0) | Trackback(0) | 政治

目が離せない米大統領選

長かった米民主予備選にいよいよ終結が見えてきた。オバマ上院議員は8日、5月20日のオレゴン、ケンタッキー両州予備選で一般代議員の累積獲得数が過半に達すれば、指名候補獲得の「勝利宣言」に踏み切る可能性に言及した。残された選挙と現状の代議員獲得数を考えれば、このままオバマ候補が勝利する可能性は高いだろう。それにしても、何度もがけっぷちにたたされながらも、お互いに一歩も譲らず、この長い長い選挙戦を戦い続けた両者の体力と精神力には敬服するばかりだ。自分が抱えるストレスなんて、宇宙の星屑のように思えてくる。最近、「品格」という言葉がブームだが、人間というもの、劣勢になり余裕がなくなってくると、勝つために手段を選ばなくなり、品格を失いがちである。特にこれだけの接戦で常にストレス下に置かれた状況だとしたら、品格どころか精神状態を平常に保つことすら困難な気がする。しかし、クリントン氏もオバマ氏も、相手の論理のブレを探したり弱点を突いたりといったことが後半目立ってきたものの、決して品格は失うことはなく、立派に戦ってきたように思う。

ただ、オバマ氏がここまで票を伸ばしたのは、オバマ氏や彼をサポートするオバマ陣営の力だけではない。本来は敵であるはずの共和党からのサポートがかなりあったと聞く。その理由は、マケイン氏が敵にして楽なのはクリントンよりオバマであるという事実である。

オバマ氏は、メディア戦略に長け、カリスマ性も備えており、ケネディの再来といわれるほど卓越した演説を行う。渋い声で "Yes, We Can" といい国民を陶酔させた。しかし、私が詳しく知らないだけかもしれないが、踏み込んだ政策提言は聞かれない。人間としてのオバマ氏は魅力的だが、大統領としては未知数な部分が多すぎる。経験豊富なクリントン氏よりももろさは出やすいだろう。

そして、残念ながら、アメリカにはまだ人種差別が根強く残っている。アメリカの社会を見ると、女性の経営陣はかなり増えてきているが、有色人種は意外と少ない。自分自身もアメリカの会社に勤めているが、上層部に女性は多い一方で、黒人は皆無である。アメリカ人は、人種差別はいけません、と小さい頃から教育されているので、決して言葉に出したりすることはないが、目に見えない人種の高い壁が大きく立ちはだかっているように思われる。そんな中で、オバマ氏が大統領になることは極めて画期的なことだが、言い換えれば非常に困難なことである。

今後、彼らがどのような戦いを繰り広げるのか非常に興味深い。しかし、この大統領選を戦い抜き栄冠を掴んだ後は、経済問題、イラク戦争、医療問題、環境・エネルギー問題、その他、プーチン院政ロシアや中国のチベット問題や軍備拡張等々、課題が山積みなわけで、いくらアメリカがNo.1ではなくなりつつあるといっても、アメリカ大統領となることは(例外もあるが)相当な頭脳・体力・精神力が必要だ。どんな状況になったとしても、最後まで品格のある戦いを続けた候補者でないと務まらないだろう。

2008.05.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 政治

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。