スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

温暖化いろいろ

昨晩よく眠れず、今日は一日中眠くてうつらうつら、気がつくとすでに外は薄暗くなっていた。今朝洗ったスニーカーをベランダに干していたことを思い出して外に出てみると、干していたはずのスニーカーがない。ベランダを探すと、隅のほうに片方が転がっているのが見つかったが、どうしてももう片方がみつからない。まさかとは思ったが、ベランダから体を乗りだして下をのぞくと、はるか下の歩道に黒いものが落ちている。どうやら強風にあおられて柵を乗り越え落下したようだ。予見可能性はないので不法行為責任は負わないとしても、万が一歩行者に当たっていたら怪我をして大変なことになっていただろう。一気に目が覚めた。それにしても、洗濯紐にしっかり留めてあったはずのスニーカーが柵を越えてしまうほどの強風が吹くとは想像していなかった。温暖化の影響か、最近はよく突風が吹くので気をつけなければいけない。

先日、環境法-地球温暖化の国際制度-のセミナーを受講する機会があった。講義の内容は、温暖化のメカニズム、京都議定書と京都メカニズムの説明などの基本的なものであり、現状を整理するのには役立ったものの目新しい話ではなかったが、講師の高村ゆかり教授の資料にあった、実務家への期待として(温暖化の)『「被害者」の救済』という一文が気になった。ここでいう「被害者」とは一体だれなのか。

被害者は、我々人間を含む地球上の生物すべてであろう。人間は、同時に加害者でもあるので、(後述のイヌイットやツバルの人たちは違うかもしれない)、空に向かってツバをはいているようなものだ。

もう少し具体的に考えてみる。温暖化の被害者についてはさまざまな議論がある。全国地球温暖化防止推進センター(JCCCA)のデータによると、2005年時点の世界のCO2排出量は、アメリカが全体の22.1%を占め、また、国民一人当たりの排出量も19.8トンと世界一の排出国だ。そのアメリカに対して、イヌイット周極会議は、「温室効果ガスを最も多く排出し、温暖化対策に怠慢な米国は人権侵害を行っている」と申し立てを行っている。また、温暖化で海底に沈む国として有名になってしまったツバルは、モルジブなどと共同して、大量排出国にもかかわらず京都議定書を批准していないアメリカやオーストラリアを国際司法裁判所に提訴する動きもあったようだ(裁判費用の関係で実現ならず)。不作為の責任ということだろうが、国際的な問題をある国の問題とすることが可能なのか、またその因果関係等、様々な議論があるところだろう。

京都議定書では、第一約束期間である2008年から2012年までの温暖効果ガス排出量の削減目標が定められている。日本は1990年比6%削減をすることが求められているが、2005年時点で逆に7.1%増加しており、7.1%+6%削減の目標達成が危ぶまれている。では、もし目標が達成できなかったらどうなるのか。非遵守の罰則規定は、2001年のマラケッシュ合意で以下の三点が定められた。
① 達成できなかった削減量の1.3倍を第二約束期間(2013年~2018年)に削減する
② 遵守行動計画の作成(今後どうやって下げるのかを説明する)
③ 排出量取引で海外へクレジット(京都議定書に基づく排出権)を売る資格を失う
つまり、先延ばしにするほど達成目標が高くなり、達成することが難しくなってしまう。また、排出量取引を利用して海外へクレジットを売却できなくなる、ということは新たな被害者を生む可能性がある。現在、日本の企業は京都メカニズムの一つであるCDMや排出量取引を利用して、コストを払ってクレジットを蓄える努力をしている。しかし、もし売却ができなくなれば、せっかく蓄えたクレジットの価値が半減してしまう。国の不作為のために企業が被害者になる可能性があるということだ。

これらの被害者にたいして、救済方法はあるのか。救済方法は、まず温暖化を止めることである。最近は一般にもエコが浸透し、ローソンからもカーボンオフセット商品が販売されていたりする。私もエコバックを利用したり、電気をこまめに消すようにしている。小さな努力ではあるけれど。一方で、排出量が世界二位の中国や五位のインドの経済発展は、世界経済の安定を考えれば非常に重要であり、排出量の削減を同時に達成することは容易なことではないだろう。小さな努力だけでこれらの排出をオフセットすることができるのか。温暖化問題は様々な問題を含み、慎重かつ迅速に対処しなければいけない問題だ。明快な解決方法を見つけるのは簡単ではないが、一加害者かつ被害者として真剣に考えていきたいと思う。


スポンサーサイト

2008.04.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 環境問題

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。