スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

排出量取引市場の行方-洞爺湖サミットを終えて

ちょうど洞爺湖サミットが開催されている間、休暇で海外に行っていた。洞爺湖サミットの初日、ホテルの部屋でCNNのニュースが流れていたのでぼんやり観ていると、ヘッドラインニュースのアフガニスタン、パキスタンの自爆テロに続いて洞爺湖サミットのニュースが流れてきた。日本では過熱気味に報道されているのに、なんだ3番目か、と少し拍子ぬけ。そして、ブッシュ大統領とサルコジ首相、メルケル首相なんかが握手しているシーンが次々と映しだされるのに、ホストであるはずの福田首相が全く画面に映らない。あれ、うそ?と思っていたら、本当に全く映らないままニュースは終わってしまった。

そんな存在感が薄い福田首相だが、トロント大学のサミット研究機関が福田首相のリーダーシップを「A」と評価していた。その理由は『「サミットの成功をブッシュ米大統領から引き出すことに賭けた。ギャンブルだったが、うまくいった。真の指導者だ」と手放しで褒めあげ、「A」評定をつけた』(読売新聞)ということのようだ。ブッシュ大統領対応がうまくいったからって、リーダーシップがあるのとは違うような気もするが、まあ地味だけど無難にまとめたという意味では、私利私欲丸出しのサルコジ大統領がやったよりも良かったのかもしれない。

今回のサミットの焦点は地球温暖化対策であったが、具体的な数値目標の合意はなかったものの、洞爺湖サミットに向けて日本国民全体が地球温暖化問題を意識し、CO2排出を削減することに努めるようになったという意味では評価できると思う。また、福田首相も議長として何かしらの成果を上げようと「福田ビジョン」なるものを公表したりもした。福田首相は排出量取引制度の導入に前向きであり、それまでは排出量取引推進派の環境省と反対派の経産省が、傍から見るとあまり建設的ではない論争を繰り返していたが、首相の強い(?)意思を受けて排出量の流動化・市場化に向けて具体的な検討が始まった。これは大きな変化だ。市場メカニズムの導入にはいまだ賛否両論があるが、京都議定書の数値目標を達成するためには避けられないものだと思う。今後、京都クレジットのセカンダリー市場が育つのは時間の問題である。

現在、国連承認のCDMプロジェクトの件数は1,115件、日本が行っているCDMはそのうち139件であり、イギリスに次いで2番目に多い(2008年7月6日現在。京都メカニズム情報プラットフォームより)。日本にとって、京都議定書の目標を達成するためには、CDM事業から得られるCER(CDMに基づいて発行されるクレジットであり、CDMを管理する国際組織であるCDM理事会による温室効果ガス排出削減プロジェクトの登録と排出削減量の検証を経て発行されるもの)に頼るところが大きい。そのCDMには、理論上得られるであろう排出削減量と、実際に得られる排出削減量との差が事業リスクとして存在する。日本が行っているCDMの約半数が対中国であるが、四川大地震などの影響から、そのCDMから安定的かつ十分な排出削減量が得られなくなってきているという。予想通りのクレジットが得られないということは、企業の事業リスクが高まっているということになる。もちろん、キャップがないので義務ではないが、エネルギー関連業者など、排出なくして事業を行えない企業にとっては、セカンダリー市場でクレジットが調達できることができれば事業リスクのヘッジにもなる。

投機マネーによる実需と関係ない価格の乱高下など、市場メカニズムの悪い側面ばかりが強調されがちであるが、その価値を無視するわけにはいかない。経済界の抵抗もあり、まだまだ時間がかかるという人も多いが、1年前を振り返ってみれば、この変化は驚くべきものであり、これから1年後の市場を考えるとちょっとワクワクする。

スポンサーサイト

2008.07.12 | Comments(0) | Trackback(0) | 環境問題

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。