スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

BISのデリバティブ統計(2008年6月)

BIS(国際決済銀行)が年2回発表している店頭デリバティブ市場の市場調査の結果(2008年6月)が発表された。

店頭デリバティブのグロスの想定元本残高は2007年12月の595兆ドルから2008年6月には683兆ドルと大きく飛躍している。中でも金利デリバティブの増加が際立っている(393兆ドル→458兆ドル)。金融危機が深まり現物市場の流動性が低下する中で、デリバティブ市場でポジションを作ったりヘッジしたりする動きが活発になったということだろうか(短絡的すぎ?)。

CDSに関しては、グロスの想定元本残高は2007年12月の57.8兆ドルから2008年6月には57.3兆ドルと若干減少している。メディアは報道しないが、BISがレポート上で強調しているように、TriOptima社らによるMultilateral terminations (compressionやtear-upとも言う)によって、リスクが相殺された状態にある既存の取引が大量に早期解約された影響が大きく、取引のフロー面ではこの時期に大きく伸びている。ISDAの同時期の数字は54.6兆ドルであるが、統計のカバレッジや細かい手法の違いを考えれば違和感のない数字といえるだろう。

グロスの想定元本の数字があまり多くを語らない一方で、BISは市場リスクを計るよりよい指標として"gross  market value"を公表している。これは、あらゆる取引の時価評価の絶対値を単純に足し合わせた数字であり、これ自身も同じカウンターパーティーとの勝ち負けのネッティングによって相当程度相殺できるものであるが、こちらは2兆ドルから3.1兆ドルへと急増している。CDSのスプレッドが大きく拡大し、時価で勝っているポジションも負けているポジションも絶対値が大きくなっていることが原因なのだろう。

スポンサーサイト

2008.11.14 | Comments(8) | Trackback(0) | CDS

石橋女流王位防衛

昨日行なわれた石橋幸緒女流王位と挑戦者の清水市代女流二冠の5番勝負最終局は、石橋女流王位が勝って昨年奪取したタイトルの防衛に成功した。

体の弱さを抱えながら組織の運営で多忙な中で、昨年日本将棋連盟から独立したLPSA所属棋士の唯一のタイトルということで周りからの大きな期待・プレッシャーを感じながらのタイトル戦だったと思われるが、見事に結果を残してファンの期待に応えてくれた。

専門的には、女流トップの将棋は男性棋士トップクラスの将棋と比べて見劣りする部分もあるが、アマチュアから見ると女流の将棋はわかりやすくて、煌びやかで、意思の強さが伝わってきて非常に面白い。今回の5番勝負も見ていてハラハラドキドキする将棋が多く、対局する本人も精神的にしんどい時間が続いたと思われるが、最後まで心の強さを維持できたことが勝因の一つだったように思う。

石橋さん、おめでとうございます。年内も仕事でスケジュールがいっぱいと思いますが、一区切りついたことですし、少しはのんびりして英気を養ってください。

2008.11.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 将棋

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。