スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

プロシクリカルなバンド

 4月11日(土)、桜の名残残る日本武道館でエレファントカシマシのライブを鑑賞。

 エレカシは結成以来20年を超え、オリジナルアルバムは20枚近くリリースし、宮本浩次は今年で43才となるキャリア十分の“ベテラン”バンドなのだが、相変わらず青臭さが失われていなかった。20年あまりのキャリアは決して平坦なものではなく、絶好調と絶不調、黄金時代と暗黒時代を繰り返してきた。順調だとそのまま突き進んで自ら石に躓いて自壊し、不調に陥るととことんドツボにはまる、いわば“プロシクリカル”な性質を持つバンドという印象がある(ちょっと意味合いが違うかも)。実は暗黒時代の作品の方が心に響くこともあるのだが。

 客観的に見て、宮本は圧倒的にかっこいい。ルックスも、ボーカルも、生き様も、作品も。少し戦略的になれば、十分かっこよさを売りにできるのだが、そのプレゼンテーションはあまりにも青臭く、支離滅裂で、躁鬱で、不器用で、“かっこ悪さ”があちこちにさらけ出されている。大手金融機関のCEOや政府当局のお偉方のように、市場の反応を意識して、いかに隙のない“かっこいい”ものの言い方をするかに意を尽くしているのとはあまりにも対照的である。金融機関も当局もそれが仕事、それが役割なのでしょうがないのだが、心が打たれるのは明らかに人間臭い宮本の立ち振る舞いである。この日も、“輝きを求めて、ドーンとがんばろうぜ”という他愛もないメッセージに心を動かされた。金融市場を斜に構えてクールに評論しているだけではなく、心にもっと熱いものを持って日々を過ごそうと。

 選曲は、比較的古い曲が多く、「シャララ」といった “内にのめりこんでいく”曲にしびれた。歌謡曲的な甘いライブソングでエレカシを好きになった若いファン達はきっと凍り付いていたことだろう。エレカシには本当に同じバンドかと思うくらい全くベクトルの違うタイプの作品があり、普通に聴いていると明らかに支離滅裂なライブである。それでも、最近はどこか深いところで一貫性を感じることができるようになってきた。

 昔から変わらなかったものは、圧倒的な宮本のボーカル力、4人の演奏のまとまりやアンサンブルの美しさ、宮本のギターの異質感だった。サポートメンバーの2人と豪華ストリングス隊も全般的には4人の演奏に絶妙に絡んで、贅沢な音を紡いでいたように思う。

 チケットがとれるかどうかは別として、今から夏の野音が楽しみになってきた。

スポンサーサイト

2009.04.12 | Comments(0) | Trackback(0) | ライブレポート

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。