スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

深海魚との出会い

<2月14日(月)>
Moody’sが世界中の銀行劣後債の格付けを見直すと発表。従来は、銀行のシニア債と期限付き劣後債は銀行が法的整理に追い込まれない限りは公的資金によって守られるという暗黙の了解があったが、今次の金融危機によって、公的資金(国民の税金)によって債権者を守るのはおかしいとの議論が優勢となり、政府によるサポート期待が後退したことに伴う格付け変更だ。既存債権者の損失負担をどのように法制化するか(あるいはしないか)は国によって異なる可能性もあり、格付けの見直し作業は9ヶ月程度を要するとのこと。バーゼル規制や(米銀の場合)ボルカールールなどによって銀行の財務は従来よりも安定化することになり、この点は格付けにとってポジティブ材料になるが、政府のサポートの剥落によるネガティブ材料の方が大きく、今年の終わりには相当程度の格下げが行なわれているだろう。銀行の格付けは、担保契約におけるマージンコール、CCP(清算機関)における参加要件、銀行債投資家の投資基準、インデックスの銀行債組入れ基準、などなど、さまざまなところにリンクしているだけに、格下げの影響は結構波及しそうだ。

<2月15日(火)>
前日のエントリーとも関連する話だが、クレディスイスがContingent Convertible債(CoCo)の起債を発表。Tier1資本が一定以下に下がった場合などに株式に強制転換される(あるいは元本が減額となる)この新型商品、どの程度投資家の需要があるか注目されているが、徐々にではあるが市民権を獲得し始めたような印象も受ける。とはいえ、格付けや強制転換条項、インデックスへの不採用がネックとなり、あるいは、リスクリターンにそもそも魅力がないという理由等により、投資の対象外とする投資家も多く、市場で定着するかどうかは、まだまだ見極める必要がありそうだ。

<2月16日(水)>
ご高名な弁護士先生二名と月島でディナー。生まれて初めて食べる「あんこう鍋&あん肝」に感動。病み付きになりそうな美味しさでした。日々深夜労働を重ねている弁護士の先生方ですが、それでも内にこもらずに、social lifeを積極的に楽しまれている姿に感動。この日も飲食後はお仕事に戻られた。仕事や人生にかける情熱は見習わなければ、、、。

<2月17日(木)>
週末、パリでG20が始まる。食糧価格の上昇がテーマとなっているが、またぞろ「投機悪玉説」「先物悪玉説」が聞こえてくる。コモディティの世界の需給には疎いので断定的なことは言えないが、根本的な問題(地球温暖化や食糧需給の変化etc)に対処せずに、ヘッジファンドやデリバティブだけを攻撃しても意味がないことは、欧州ソブリン危機の際に学んだはずなんだけどなあ。

<2月18日(金)>
4歳の頃の幼馴染みとランチ。30年以上ぶりの再会だが、顔も声も昔の面影を残していて感動。色々と気恥ずかしい記憶も多くて結構緊張したが、徐々に時間が解決してくれた。目先の仕事で接点がなくなると、疎遠になってしまう友人が多いのだが、きちんと友情を継続することの大切さを学んだひと時。二人の間を取り持ってくれたFacebookに感謝感謝。

<2月19日(土)>
午前中は東神奈川の「みずの治療室」でからだの手入れ。出張や旅行などでやや無理がたたった期間だけに、いつもよりもからだが悲鳴を上げていたが、適切な施術とアドバイスで元気を取り戻す。デトックスはいいとして、あまり削ぎ落としすぎるのも良くないとか。都合の良いアドバイスを聞き、夜は山藤西麻布店へ。鍋料理が今月一杯ということで、迷った挙句に我が人生で二度目の「あんこう鍋」を食す。こちらはオーガニック鍋だけに、月島の「あんこう鍋」よりは随分とあっさりしていたが、身体には優しそう。野菜にしても魚介類にしても、旬のものを食べるのが一番と思った夜でした。

<2月20日(日)>
業界の知人から受けていた「原稿のコメント依頼」に取り組む。世の中にはコメントしても聞く耳を持たない人もいるだけに、こうして頼まれることは本当にありがたいことです。

スポンサーサイト

2011.02.20 | Comments(0) | Trackback(0) | 週末

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。