スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

カンパーニャの誘い

<2月21日(月)>
久々にMarkit社が発表するMarkit Metricを拝見。このレポートからは、大手ディーラー間の店頭デリバティブ取引量が読みとれるが、2010年第4四半期のCDSの取引件数は大きく減少していた。とは言っても、2007年6月(サブプライム直前)が月間20,000件、2008年9月(リーマン破綻)が月間25,000件、2010年2月と5月(ギリシャショック)が月間50,000件、2010年12月が月間32,000件程度であるから、全体的な水準は金融危機以前よりも増えている。ソブリン危機時の取引の増加ぶりには驚かされる。

<2月22日(火)>
Moody’sが日本国の格付け(Aa2)の見通しをnegativeに変更。「見通しの変更」は、「格下げ」や「格下げ方向での見直し」よりも軽微であるが、2月10日のエントリーで書いたように、つい2週間前の記者会見では見通しは変更しなかったのに、この2週間で態度が急変した格好だ。この間の、民主党の醜態を見ての判断かもしれないが、ややタイミングに違和感が残る発表だ。以前ほど格付会社に対する市場の信任は高くなく、たいした影響も出ていないが、そうはいっても格付けアクションに市場を動かす一要因となるだけに、整合性や一貫性は確保して欲しいところだ。

<2月23日(水)>
10年ほど前にお世話になった業界の先輩と銀座ナタラジでディナー。マイルドなナブラタン・コルマの後にトライした激辛のナタラジカレーは五臓六腑に染みた。こういう刺激は身体を活性化させてポジティブなのだろうか?大手米系金融機関の業績は相当程度持ち直したようにも見えるが、まだまだ人員整理・組織改変の動きは終わっていないとの話。一方で、それなりに「拾う神」もいるようで、実力がある人にとっては再就職はそれほどハードルが高くないとのこと。己を磨き続けるしかないということか。

<2月24日(木)>
中東や北アフリカ騒動で原油が急上昇し、年初来好調だった株式市場も世界中で下落を続ける。とはいえ、ダウの一日の下げ幅はせいぜい200ドルくらい。2008年のLehman破綻後にTARP(公的資金)法案が否決された時などは一日で1000ドルも下げたが、それに比べるとまだまだかわいい下げだ。弱気筋もまだまだ確信が持ててないようだ。15年程前、WTIが20ドル近辺だった頃、原油の専門家が「今の需給からすると当面20ドルを大きく超えることなんかありえない」と力説していたが、その後急上昇したことを思い出す。中長期予想は専門家でも難しいのだと実感したエピソードだったが、今回についても、中東&北アフリカの民主化運動の連鎖を年初に予想できた専門家は皆無だろう。ポジションテイクは慎重に。

<2月25日(金)>
東京で最高気温が20度を超すstrange day。竹橋から大手町までお堀沿いを歩くと、一部で桜が開花し始めていた。去年の桜の季節は著書の校正作業に追われ、桜を愛でる余裕もなかったが、今年は少し余裕ができるかな。夜は珍しく恵比寿で鉄板焼、平均年齢60歳のグループの中で最年少として参加。フィレ肉をペロリと食べる70歳に度肝を抜かれた。将棋の故大山名人も大層な健啖家だったが、しっかり食べて元気を保つタイプの人も少なくない。モットーの「腹八分目」がやや揺らいだ一日。

<2月26日(土)>
寒くもなく、暑くもなく、風も強くない日。日頃の運動不足を解消すべく、港区~目黒区~世田谷区エリアを2時間ど歩く。昼は広尾のJ’s Kitchen(初来日!)でマクロビランチ。夜は奥沢のVicolettoでカルボナーラとオインク豚。アルコールは抜くつもりが、昔証券化の案件で関わったイタリア・カンパーニャ地方のアリアニコが目に付き、懐かしさのあまり、ついグラス一杯だけ試飲。

スポンサーサイト

2011.02.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 週末

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。