スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

CDSの話題三題

(その1:リストラクチャリング・クレジットイベント)
もはや風前の灯の感さえ漂うギリシャ国債をどのように処理するのか、どうすれば格付会社にデフォルト扱いされないか、どうすればCDS市場でクレジットイベントが認定されないか、散々話題になっているが、その傍らでひそかに(?)、JVCケンウッドが昨日金曜日に債券をリスケジュールする意向を表明した。

まだ提案段階ではあるが、8月8日の社債権者集会で条件変更が承認されれば、償還期限の延長というリストラクチャリング・クレジットイベントの一項目に該当するとして、同社を参照するCDSにおいてクレジットイベントが認定される可能性がある。認定されれば、日本銘柄としては昨年の武富士以来久々のクレジットイベントとなる。

細かいことを言えば、条件変更した事実が公となるかどうか、当該条件変更は同社の信用力・財務状況の悪化に起因するものかどうか、といったチェックポイントをクリアする必要がある。特に後者については主観的な判断となることから、すんなりとコンセンサスが得られるか、現時点ではなんともいえない。デフォルト寸前に追い込まれた上での債務返済期限の延長ではないが、財務に全く問題がなければこのような提案はしないとの考え方もあろうか。米国では数年前にリスケが信用力の悪化によるものかどうか議論となった事例があったように記憶するが、日本ではおそらくはじめてのケースであるだけに、注目されるところだ。

(その2:クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)とは)
今朝の日経新聞一面の囲み記事でCDSの用語解説が掲載されていた。金融危機以降、何度もCDSの用語解説を目にしたが、商品性が不変であるのにもかかわらず、新聞の解説は毎回結構異なっていた。2008年には「損失肩代わり商品はCDSと呼ばれる」と解説した日経だが、今回は「債券などのデフォルト(債務不履行)リスクを取引する一種の保険商品」と、まあギリギリ合格点はあげられる内容だ。それにしても、『用語解説』ってデータベースから引用するのではなく、毎回記者が考えるものなのだろうか、、、。

(その3:CCP(中央清算機関)の稼動)
こちらも今朝の日経新聞、「証券5社CDS清算利用開始」との記事。来週から、日本でも一部の市場参加者がCDSを取引する際に清算機関(CCP)を利用するとのこと。こちらについても、一昨年のG20合意後、「CCPはデリバティブ市場を安全にするものだ」との神話(?)に基づき、世界各国でCCPの導入が進められているが(現状ではごく一部の取引限定だが)、何年かたって、どれだけリスク削減効果があったのか、しっかりと検証する必要があるだろう。

スポンサーサイト

2011.07.16 | Comments(0) | Trackback(0) | CDS

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。