スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Lehman破綻によるCDSの決済額

Lehmanを参照するCDSについて、AIGは支払額が$6.2million(=$0.0062billion)であると公表した。CEOがボーナスを返上すれば支払えそうな額だ。Bloomberg Newsによると、Hartfordが$30million、Genworthが$5.4millionだったと発表している。いずれも発表するほどの金額ではまったくないが、横並び意識で発表したのだろうか。

市場シェアの約9割を占めるDTCC(最大手保管振替機構のDTCの親会社)は決済額の総額が60億ドル程度と発表し、ISDAも(DTCCを含めた市場全体で)60億ドルから80億ドル程度との推計を発表している。メディアの為替市場コメントで、昨日ドルが買われた要因としてCDS決済のための資金手当ての動きが挙げられていたのを見て驚いた。確かにドル建ての取引においてはプロテクションの売り手はドルを支払うが、米系の参加者であれば為替でドルを調達することもない。実際の支払額は10月10日に決まっているわけで、さらに言えば9月中旬にLehmanが破綻した段階で元本の9割前後の支払いが起きることはわかっていたことで、為替市場を動かすほど大きな金額なのであれば、決済日まで為替のポジションをオープンにしておくのだろうか、私は為替の専門家ではないのでよくわからない。

いずれにせよ、Lehmanのクレジットリスクをロングしていた参加者は、社債保有者であれ、融資の貸し手であれ、CDSのプロテクションの売り手であれ、シンセティックCDOの投資家であれ、同じように損失を被る。一方、CDSなどでショートしていた参加者は利益をあげ、CDSでヘッジを行なっていた社債保有者や(米銀などの)融資の貸し手は損失を軽減することに成功している。損失の度合いは、どれだけLehmanのリスクを許容していたか各自のリスク管理能力に依存し、商品にかかわらず体力以上にLehmanのクレジットをロングしているファンドなどがあれば、当然大きなダメージを受けるだろう。シンセティックCDOの場合は、短い期間に多数のクレジットイベントが発生していることから、格下げや時価下落の影響に注意する必要があるだろう。

<追記>
昨日のDTCCの発表によると、DTCCにおいて参加者1対1ベース(bilateral)のネッティングを行い、決済銀行(CLS Bank)において複数の参加者ベース(multi-lateral)のネッティングを行い、実際に動いた資金は52億ドルであった。

スポンサーサイト

2008.10.22 | Comments(2) | Trackback(0) | CDS

コメント

cash settle分の影響は?

未だにドルの引きが強く、短期金利も高止まりしている。さらにagency MBSの10-yr Treasury spreadがここに来て200bpを超えてしまった(保証の効力がはeffectiveだろうが、explicitlyだろうと。前者は明白な法的な用語にも使われ、その場合は「効力を生じる」)。結果、債務者にとってのmortgage金利も6%を超えて高どまり。数年の短期の借換であれば、5%半ばでしのげるでしょうけれど。
そうした背景には、cash settle unwindedのの状況ですか。
http://us1.institutionalriskanalytics.com/pub/IRAMain.asp

2008-10-30 木 09:28:25 | URL | 吉行誠 #- [ 編集]

吉行さん、コメントありがとうございます。リンクのレポートも大変興味深く読ませていただきました。色々な考え方があって勉強になります。個人的には、GSEやLehmanのCDSイベント決済の影響がLiborや為替に目に見えるような影響を与えるとは思いませんが、もちろん実際にどうかはわかりません。ディーラーはLehmanを参照するCDSについては概ねフラットかショートなので、ここから大きなキャッシュニーズがでるとは考えにくいので、何かあるとしたらエンドユーザーからのニーズでしょうか。記事によると1社で10億ドルもLehmanのCDSをロングしていたLandesbankがいたとのことですが、これが本当の話だったらここのリスク管理体制はいったいどうなっているんでしょうね?

2008-11-01 土 10:03:09 | URL | dbsb #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。