スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

pupa live - preparation before floating

高橋幸宏の呼びかけで結成されたpupa。そのデビューアルバム”floating pupa”のアルバム発売に先駆けたライブが恵比寿リキッドルームで行われた。

公式サイトはこちら

メンバーに興味をそそられて行ってみると、おそらくYMO時代からのファンだと思われる30代~40代の男性を中心に満員で、すごい熱気だった。YMOをカバーしている前座のanonymassのふんわりした演奏が終わりしばらくするとテクノな音楽が会場に流れた。空気の色が変わって、観客の期待が高まる。開幕すると、高橋幸宏がドラムの前に直立不動で立っている。

あ、ドラムをたたくんだ!と期待がさらに高まった。彼のドラムは堅く締まった独特の音色が好きなのだが、最近あまり聞けなくなったのでかなり嬉しい。pupaのほかのメンバーは、高野寛、高田漣、堀江博久、権藤知彦、そしてリード・ヴォーカルの原田知世。あえて言うまでもないが、サディスティック・ミカ・バンドやLOVE PSYCHEDELICOのサポートに加わりつつ、ソロでも活躍しているベテランぞろい。期待は高まるものの、アルバムの発売に先行してのライブなので、全くどのような曲が紹介されるのかが見えなかったが、いかにも高橋幸宏らしい、テクノでポップでゆる~い感じの心地よい曲たちだった。聞いていてとても気持ちいい。特にオープニングのJargonはYMOを彷彿させるようなテクノでとってもカッコ良かった。

それから心に残ったのは、スプートニク2号に乗せられたライカ犬にささげたという曲“Laika”。ライカ犬のストーリー自体が悲しいのだけれど、曲もちょっと哀しくてツボにはまってしまった。タイトル曲のfloating pupaもよかったので、アルバムを買ってじっくり聞いてみたい。あっという間の2時間だった。


スポンサーサイト

2008.06.04 | Comments(0) | Trackback(0) | ライブレポート

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。