スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

池尾教授の論考を読んで

とも弁護士のお勧め(?)にしたがって、「金融財政事情」2009年1月5日号の池尾和人慶応大学経済学部教授の“特別論考”を読んでみた。

池尾教授の論文は以前にも目にしたことがあるが、多くの大学の先生が金融危機についてテレビなどで上滑り的・ポピュリスト的な不毛な議論を繰り返す中で、その分析能力や現実を客観的にみる力は抜きん出ているという印象を受けたことがある。

今回の論考の詳細はとも弁護士のブログに譲るが、市場型間接金融が重層的な状態であったことがバブルの形成と崩壊のひとつの背景と捉えている部分、平穏な時代が続いたことによってリスクに対する感度が鈍ってしまっていたという指摘、今後の道筋として“バリューアップ型金融への転換”を提示しているところなど、うなずける部分が多い。

一方で、事実を誤認している部分も目立つ。本質的な部分とは関係ないところもあるが、一応指摘しておきたくなる。

ひとつはSIVについて。「SIVは第二次証券化商品の買い手である」としているが、SIVの保有資産の約半分は銀行のシニア債・期限付劣後債などの金融債であり、北米の住宅ローンへのエクスポージャーは10%程度に過ぎず、サブプライムに至っては2%程度で、再証券化商品の保有はごく一部に限定される。「資金の調達手段はABCPの発行とCDOのレポで、レポ市場の消滅が打撃となった」としているが、これも逆で、危機発生前はABCPやMTNに頼っていたのが、ABCP/MTN市場の機能停止によって、レポによるファンディングに切り替えたSIVが多く存在した。

そもそも、SIVを運営していた銀行は全世界でCitigroupやHSBCなどの10行程度に過ぎず(JPMorgan、Bank of America、Deutsche、BNP Paribas、RBS、主要投資銀行などはSIVをスポンサーしていない)、銀行スポンサーのSIVの資産はピーク時でも2800億ドル程度で、証券化商品はその約半分、北米の住宅ローン関連はその10%程度、サブプライムは50億ドル程度の保有なのだが、大手金融機関はシャドーバンキングシステムにおいて住宅ローンなどの証券化商品にレバレッジ投資をしたとして、その影響を過大評価して諸悪の根源的な存在とする批判が多く見られる(池尾教授の論考では比較的中立的な書きぶりという印象は受けた)。

もうひとつはCDSについて。「リスクを隠して」、「準備金を積まずに、全部収入にして」、「プロテクションの売り手の経営が悪化した」とある。経営が悪化したモノラインやAIGなどがCDSのポジションをdisclosure上や当局検査において隠したという話は聞いたことがない。少なくとも、彼らがCDSで証券化商品のスーパーシニアのリスクを大量にとっていたことは市場関係者であれば知っていることであり、各種の格付けレポートやリサーチレポートにおいても取り上げられている。全部収入にするといっても、たとえば5年の取引で年率0.10%のプレミアムを受け取る場合、取引時に前倒しで5年×0.10%で0.50%を収益として計上できるはずもない。CDSに限らず、金利スワップなどでも将来の支払いに備えて準備金を積むという実務はなく、代わりに時価評価を行なうことで、将来の支払い増の可能性がP&Lに反映されることになる。GMを参照するCDSのプロテクションを売っていたとすると、元本が10億円の取引を時価評価するとたとえば1億円とかになり、9億円が損失としてP&Lに計上される。この辺は、デリバティブと(そもそも時価評価をしない)融資との違いであるが、融資においても引当金を計上するしない・計上するとしたらいくら計上するかは、サイエンスというよりはアートの世界のように思う。

こちらの先生はAIGを名指しして会計に問題があったとしているが(監査法人や監督当局から訴訟されるリスクは大丈夫なのだろうか、、)、デリバティブというと会計が胡散くさいという印象を持つ人は少なくないようだ。基本的にすべて時価評価にして、融資や社債よりも高い透明性を達成してきたわけなのだが、、、。もっとも、なんでも時価評価すればよい、というわけでもない時代になってきたようにも思う。

スポンサーサイト

2009.01.30 | Comments(2) | Trackback(0) | CDS

コメント

池尾先生の論考(おくればせ、ですが)

こんにちは。
ご指摘の記事、遅ればせながら先週読んでみました。
池尾先生は大学時代、金融論を教えていただきました。ご指摘の通り、金融危機や金融システムに関する問題に関して、最も実際的な提言をされる方の一人だと思います。

彼の結論は、金融業のこれからのあり方として「企業のバリューアップを手伝う存在」になれ、ということだったと思います。
しかし、いわゆるHands-onで企業価値を上げていくのは、費用対効果が恐ろしく良くない作業のように思われます。
中長期的に企業のバリューアップを図るためには、相当なコミットメントとリスクが必要とされ(そして日本は「プロの雇われ経営者」になれる人がほとんどいない)、生半可なリターンでは割に合わないと思われます。
それをやろうとしていた人たちがまさにPEファンドであり、その副産物がレバレッジドローンであったわけで。
それらの現状、特に日本におけるLBO/MBOのそれを思うと、なかなか「池尾ビジョン」に諸手を挙げて賛成、と行かないところです。

本質論と関係ない部分では、「準備金なしのCDS」についてはPay-as-you-go型、いわゆる保証型CDSと一般のCDSを混同されているのではないのかな、と思いました。(FAS133ベースでの時価評価はPAYGでも必要とされますが)

また、スーパーシニアに関してはアタッチメントが20%もあれば、過去のデフォルトヒストリーからは元本毀損の可能性はほぼゼロに等し「かった」ので(免責金額2億円のクルマの無制限対物保険みたいなモノで)、AIGが準備金積まなかったからといって一概に責められるべきか、といわれると微妙ですよね。

今度池尾先生(+池田先生で)本を上梓される前に、ぜひ我々にコメントさせてください、とお願いしたいです。

長々と失礼しました。

2009-02-08 日 14:06:01 | URL | 紺ガエル #k7xyf986 [ 編集]

紺ガエルさん、コメントありがとうございます。大変光栄です。マーケットは当面は光が見えそうもないですね、、。確かに、”バリューアップ”は言うは易しの典型かもしれませんね。この分野には志の高い人と、そうでもない人が混在しているといった話を聞いたこともあります。地道に産業構造や国民意識、価値観を変えていかないといけないと思うのですが、時間のかかる話ですね、、。

2009-02-14 土 09:48:50 | URL | dbsb #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。