スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

劣後債事情

ここ数ヶ月、何度か取り上げた劣後債市場において、先週も色々と動きが見られた。

日本では、金曜日に三菱東京UFJ銀行が個人向け劣後債を条件決定したが、8年で2.75%という水準が受けて発行額は4500億円まで積みあがった。他行にも追従する動きもあるようで、三菱UFJ信託銀行など法人向けの起債もあるが、日本では劣後債権者が切り捨てられるリスクや、コーラブルの劣後債がコールされないリスクについての意識は低いのかもしれない。仕事上の制約がなければ個人的にも三菱東京UFJ銀行の劣後債は検討に値したのだが、8年後の世の中の見通しはまったくもってわからない。

海外では、引き続き、国有化によって劣後債権者が引き捨てられるリスクや、コールされないリスク、クーポンが繰り延べされるリスクなど、神経質にならざるを得ない部分が大きい。先週の木曜日には、イギリス政府は国有化されたBradford & Bigleyの国有化の条件を変更し、この中で、期限付き劣後債の利払いの繰延べを可能とする内容が含まれていた。Tier 1債などと違って、通常期限付き債の利払いは繰延べが認められていなく、これを怠るとデフォルトとなるが、政府がルールを変えることでこの前提が崩れることになる。イギリス政府は、この変更は柔軟性を高めるものであって、実際に利払いの遅延を促すものではないとコメントしているが、市場は敏感に反応して、金融機関の劣後クレジットで構成されるiTraxx sub Financialインデックスは、金曜日に275/300と50bpsほどワイドニングしている。

先週は欧米ともに銀行の株価が悲惨な状態だったが、国有化によって犠牲となるのは、株主だけではなく、債権者にも徐々に広がっていくというリスクを意識せざるを得ない。





スポンサーサイト

2009.02.22 | Comments(0) | Trackback(0) | 市場雑感

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。