スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

あるべき論は?

アイフルのクレジットイベント認定を巡っては、メディア等による誤報道等々もあって、予期せぬ展開が続いている。

基本に立ち戻ってシンプルに考えてみると、

CDSは、取引で参照される主体が「①法的に破綻する」、もしくは「②期日に支払いを行なわない」、もしくは「③当初の支払い期日を延期する」と、クレジットイベントが認定される取引である。プロテクションの売り手は、①~③という事態になったら元本相当の支払いを行なうという前提で、プロテクションの買い手は、①~③という事態になったら元本相当の支払いを受けるという前提で、取引を行なう。

様々なpublicな情報や、諸々の状況から、アイフルが9月に期日を迎えた融資の返済を行なわなかったことは事実のようである。これは「支払期日の延期の合意」を伴なえば③、伴なわなければ②に該当し、いずれにしてもクレジットイベントに該当する事象である。

公開情報の確保といったテクニカルな部分(もちろん重要な点ではあるが)はさておき、契約文言に従えば、アイフルを参照するCDSにおいてクレジットイベントが認定されることについて、プロテクションの買い手も売り手も違和感はないはずである。

仮に、「事業再生ADRに基づく一時停止通知の送付とこれに伴なう不払い」をCDSにおけるクレジットイベントと認定することに反対する市場参加者が多いのであれば、今後取引されるCDSにおいて「但し、一時停止通知云々の場合にはクレジットイベントと見做さない」との文言を添える方向で業界で議論を行なえばよい。既存の取引の契約文言に「一時停止通知云々」との記述がない以上、「事業再生ADRに基づく一時的な支払い停止は期限の利益喪失に該当しないし、CDSでもイベントとすべきでない」と議論することは筋違いのように思われる。

ポイントは、公開情報の確保であり、この点について議論が行なわれればよいのだが、、。



スポンサーサイト

2009.10.19 | Comments(0) | Trackback(0) | CDS

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。