スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

Blueにこんがらかっても

<12月5日(日)>
デリバティブのCCP(清算機関)について考える(第2回)。取引相手に10億円貸している場合、取引相手が破綻すれば最大10億円の損失が発生する。デリバティブ取引の場合、取引相手が破綻した際に同じ経済効果を持つ取引を市場で組み直した際に発生し得る損失がリスク(カウンターパーティー・リスク)となるが、損失額は市場の価格変動とともに毎日変化する。つまり、日々変動する与信額を管理しなければいけないわけだが、市場参加者は担保契約やヘッジ取引などを通じて効率的な管理を試行錯誤してきた。金融危機時に大きな失敗をした経験も含めて貴重なノウハウが蓄積されたわけだが、CCPは市場参加者に代わってカウンターパーティー・リスクを管理する役割を持つ。即ち、CCPには経験豊富な市場参加者と同等もしくはそれ以上のリスク管理能力が備わっていることが期待されるわけだが、CCPはリスク管理が容易な取引のみを清算の対象とし、管理が一筋縄ではいかない込み入った取引は対象としない。その結果、誰でも容易にリスク管理できる取引はCCPで管理し、高度なリスク管理が求められる取引は引き続きCCPの枠外で個別に市場参加者が管理する、ということになり、CCPがどれだけ市場におけるリスク削減に役立つのか、考えてしまう。

<12月6日(月)>
10代:憎しみと愛入り交じった目で世間を罵り
20代:悲しみを知って 目を背けたくって 町を彷徨い歩き
30代:愛する人のためのこの命だってことに あぁ 気付いたな

宮本は40代をどう表現するのだろうか、、、。

<12月7日(火)>
業界のクリスマスパーティーに参加。昔から立食パーティーは大の苦手で、socialもnetworkingもfoodもdrinkも全て中途半端に終わってしまうのがいつものパターンだが、この日もいつもの通り。おまけに久々に失語症まで発症してblueにこんがらがってしまった。多くの人の注目はやはり新興国、そして最大の懸念も新興国でした。いつかバブルがはじけるのはわかっているが、今のところパフォーマンスが抜群だから、投資しないわけにはいかない、っていつか来た道ですね。

<12月8日(水)>
EC(European Commission)がソブリンCDSは(欧州)国家の調達コスト増加とは無関係、との趣旨の報告書を出したそうだ。これを受けて、オルタナ商品の業界団体が、過度な規制に反対するコメントを発表。今年の初めにギリシャ国債の金利が急上昇(価格は下落)した際、ギリシャの首相はヘッジファンドらによるCDSを使った投機が元凶であり、投機家は毎日ぼろ儲けしてシャンペングラスを傾けていると発言し、果てはアメリカに飛んでObama政権にCDSによる投機の禁止を訴えたが、今となってはこれらは現実から目をそらさせる責任転嫁のパフォーマンスであり、本当の元凶は放漫財政であったことは明らかである。CDSでヘッジができなくなれば、国債金利はさらに上昇するだろう。

<12月9日(木)>
寒い朝。基本的に寒いのは苦手だが、冬の寒い朝は悪くない。透き通った空気に青い空、静寂のなか駅へ急ぐ人々。この日もエレカシの「冬の朝」を脳内で流しながら駅へ向かう。と、いきなり静寂をやぶるスピーカーの音、毒々しい色のポスター。某政権与党の政治家の政治パフォーマンスに出くわした。最近、この手の辻立ちがやたらと多い。立ち止まって耳を傾ける人を見たことがなく、政策を伝える手段としてはどうかとも思うのだが、「名前を連呼して記憶に残す」「朝早くから精力的に頑張っていると印象付ける」といった効果でも期待しているのだろうか。この手の自己中心的な選挙活動、全否定はしないが、個人的には朝の静寂を奪われてあまりいい気はしない。

<12月10日(金)>
Billboard Live Tokyoにて麗蘭のライブ観賞。麗蘭は今年で結成20周年とのこと。「仲井戸麗市40歳、蘭丸30歳、小生20歳」の時の奇跡的な感動や緊張感を「仲井戸麗市60歳、蘭丸50歳、小生40歳」の現在に再現することは難しいが、毎年聴かないとおさまりがつかない。一昨年は“Yes, we can”、昨年は“You & I”と日米の政治に一縷の望みをかけた(?)新曲を披露したが、いずれも裏切られた今、政治におくるエールはない、、、。

<12月11日(土)>
芝離宮の“AEN”で同世代の友人達と忘年会。一人を除いて、みんなすっかり酒が弱くなってしまった。やはり一生のうちに肝臓が処理できるアルコール量は限られているのか?!千葉の学校と大阪の学校で右と左が極端に違うことを学ぶ。自分がいた東京はnon policyだった(ように思えた)。音楽の話では、最近のアメリカのヒットチャートは甘い恋愛をテーマにしたヒップホップばかりになってしまったそうだ。日本でも忌野清志郎のように社会問題をテーマにした楽曲はもう出てこないんだろうか。石原東京都知事が「今の日本人は温泉・グルメ・お笑いにしか興味がない」といった趣旨のことを言っていたが、実に的を射ている。

スポンサーサイト

2010.12.12 | Comments(1) | Trackback(0) | 未分類

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-12-12 日 19:41:05 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。