スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

大詰めを迎える将棋名人戦

森内名人2勝・羽生二冠3勝で迎えた将棋名人戦第6局は、いよいよ明日・明後日(16日・17日)の2日間行われる。会場が山形県天童市であることから大震災の影響が心配されるが、予定通りに名人戦が行われて地元経済に少しでもポジティブな効果がでることを願うばかりだ。将棋の方は、今回は羽生二冠の先手番ということで、ファンにとっては永世名人獲得の期待が高まる対局でもある。

ここ最近のタイトル戦では、先手番の勝率が非常に高いようである。作戦の幅が広いことや事前に作戦を決めやすいことが理由のようであるが、トップ棋士同士の場合には特にその傾向が顕著のようだ。素人目では、形勢が二転三転する将棋などでは、どちらが先に指したかは勝敗に関係ないような気もするのだが、今年の棋王戦では先手が5勝0敗、名人戦も現在まで先手が4勝1敗ということで、現代将棋では手番は無視できない要素の一つのようである。

しかし、それにしても羽生二冠のスケジュールは殺人的である。今年に入って王将戦・棋王戦・名人戦とタイトル戦に連続出場する一方で棋聖戦・王位戦・竜王戦の予選を勝ちあがり、先週には棋聖戦も始まり、その一方で将棋普及のために北京に出張に行くなど、この分では研究する時間が限られてしまい先手番のメリットを生かしきれないのではないかという危惧すらでてくる(実際、棋聖戦第1局では先手番を落している)。少し前であれば、タイトル戦連続出場の勢いで勝ちまくることもできたのであろうが、最近の将棋は事前の研究が勝敗に及ぼす影響は決して小さくないようだ。

その意味では、名人戦では森内名人、棋聖戦では佐藤棋聖、(挑戦者になれば)王位戦であれば深浦王位は目先のタイトル戦だけに集中して研究できることになり、如何に羽生善治とはいえ相当の苦戦を強いられるだろう。このまま名人・棋聖・王位を獲得して五冠王になるよりは、タイトルが群雄割拠状態のほうが将棋界にとっては盛り上がるのだが、羽生にしても当然戦う以上は全て勝ち取るつもりで全力を尽くすであろう。この夏も面白いタイトル戦が数多く見られそうだ。

スポンサーサイト

2008.06.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 将棋

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。