スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

富士に太陽ちゃんとある

<1月9日(日)>
エレファントカシマシ新春武道館ライブで宮本にエネルギーをもらう。正月明けに武道館でエレカシを観るのはちょうど10年ぶり。あれからバンドも変わり、自分も変わった。自分は人間として成長したのか定かではないが、バンドは進化を遂げていた。この日目立ったのはバイオリンやチェロのストリングス隊。10年前は「昔の侍」の一曲だけストリングス隊が演奏して度肝を抜かれたように記憶しているが、この日は数多くの楽曲に参加、バイオリンで弾く「奴隷天国」は特に斬新だった。初期の頃の楽曲はわずかばかりで、大半は近年のアルバムからの演奏、宮本も変化を求めてもがいているのか。「自分で聴いていい曲だなあ、自分でいいと思わないと人に演奏できない」、という発言に納得、誇り高く生きねばと思った次第。

「なにやってんだ あんた 何をあわてて ぶざまにこける そら ちょっと見りゃ 富士に太陽 ちゃんとある(待つ男)」

<1月10日(月)>
昨日は、ライブの後に青山のGAYAで食事。以前から気になっていたマクロビ系の居酒屋だが、噂の“鳥の唐揚げ”を似せた“大豆の唐揚げ”や、“牡蠣フライ”を似せた料理に感動。食材や調味料へのこだわりもまずまず。こういうお店が増えているのはうれしいですね。

<1月11日(火)>
「日本政府がアイルランドを救済、中国を意識した動き」、といった趣旨の報道があったが、よく見れば日本がアイルランドに直接投資するわけではなく、EFSFが発行する債券を買うとのこと。中国がスペイン等の国債そのものを買うのに対して、日本が買うEFSF債はドイツやフランスを含む欧州各国の連帯保証と超過担保等によりAAAが付与された債券で、リスクがまるで異なる。比較的需要が高いようで、日本政府は発行額の2割を買う、と宣言しているが、超過需要によって希望通りの金額が買えないこともあろうか。リスクをとらずに金だけ出す姿勢は、軍隊を海外派兵せずに金だけ出す構図とかぶって見えてしまう。

<1月12日(水)>
赤坂オゥレギュームで楽しい夕べ、のはずが、またまた仕事が入ってしまい、一時間でパスタだけ食して退席、、。ついていないが、仕事があることには感謝せねばいけないか。金融業界は引き続き生存競争が激しいが、優秀な人、目的意識のしっかりした人はきちんと生き残っていることを実感した一時間。

<1月13日(木)>
タイガーマスクブーム、寄付するなら、自己満足的に一方的に押し付けるのではなく、必要としている人々に適切な方法で行うべき、とは思うが、あれこれ理屈をこねて何もしないよりは社会貢献になるわけだから、やっぱり良いことなのかな。善意を逆手にとって、新手の詐欺が横行しなければ良いが。

<1月14日(金)>
都内某所でクレジット市場の専門家と食事。データを弄り回して分析だけするアカデミックな人達もいいが、やはり血を流してリスクをとって取引している現場の人達の意見には迫力を感じる。金融危機以降、大きくパラダイムがシフトしたクレジット市場だが、優秀な人達は環境の変化に順応していい仕事をしている。後ろばかり見ていてはいけない。この日は、久しぶりに昼も夜も”非オーガニックな”食事。こういう時は、「農薬に化学調味料、着色料に添加物が沢山入っているんだな、、」と考えずに、「動物や野菜の命をありがたく頂きます」という気持ちで食べると、毒になりにくいようだ。

<1月15日(土)>
待ちに待ったヒノキクラフトの本棚が到着し、遅れ馳せながら大掃除。白鳥社長は「いろいろな書類整理法を試してみたが、最も効果的なのは「捨てる」「定期的に捨てる」「気がついたら捨てる」「迷ったら捨てる」「保存書類もスキャナー取って捨てる」「年末に捨てる」」と語ったが、蓋し名言。

スポンサーサイト

2011.01.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 週末

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。