スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

はじめの一歩

(大型連休)
同世代の友人が自衛隊の取材やボランティア活動で東北に向かったのに逆行して山口県へ飛び、死ぬまでに一度は見たかった秋吉台&秋芳洞へ。億万年のロマンは半端ではなく、どこまでも続く息を飲む光景にひたすら感動。と、同時に、億万年かけてつくられた化石燃料を数百年で根こそぎ使い果たし、ひいては原子力発電という人間では制御不能なものを開発してまで繁栄を追い続ける人類っていったい、、、という思いが頭をよぎった。

翌日は萩市内へ。萩といえば幕末だが、個人的には大内氏の栄華や関が原後の毛利氏に思いを馳せてしまう。ここでは、東京でお世話になったLa Ceibaの浅井マスターに会うことを楽しみにしていたが、第三子誕生により連休中は休業とのことで残念ながら再会できず。代わりに、浅井さんお薦めの祇園寿司で地元の海の幸を堪能。このほか、きららオーガニックライフで自然食品の買い物とバイキングを楽しむ。このエリアでは、有機野菜の栽培、販売、レストラン経営等が慎ましやかに営まれている。原発事故でも起きようものなら、この平和なエリアがすべて再起不能となってしまう、などと思いながらのんびりした時間を過ごした。

いつもなら夜は酒が入るところ、代わりに仕事の電話会議が入ってしまい、やむを得ず節酒して仕事に備える、、、。日本の休日は国際的には軽視されやすいのは昔も今も変わっていない。


(ギリシャ)
ここ最近、ギリシャ国債のリストラが取りざたされているが、”風評被害”を回避するためか、わざわざCDSのクレジットイベントに抵触しないような方法でのリストラが模索されているとのこと。国債保有者と”強制的”ではなく”自発的”な債務交換を実施する、あるいは(ファンディングがつけば)既発債を額面で買い取り、代わりに低クーポン&長期債を発行するなどすれば、クレジットイベントにおけるリストラクチャリング規定には該当しない可能性が高い。

そうすると高いコストを払って買ったプロテクションの意味がなくなり、「CDSでプロテクションを買っても無意味」という認識が広がり、市場の縮小につながるのではないかとの声も聞かれる。そんな中、金曜日には、ギリシャがEUを脱退するとの観測が流れた。脱退後に通貨をユーロからドラクマに戻せば、「(G7通貨またはAAA国通貨以外への)通貨の変更」ということで、クレジット・デリバティブではめでたく(?)クレジットイベントが構成される可能性が高い。

クレジット・デリバティブの用語定義は年々改良を重ねているが、現在の定義が完璧なものというわけではなく、債券やローンはデフォルト/リストラされているのに、CDSはテクニカルな理由でクレジットイベントに該当しない、というケースが増えるようであれば、定義の再見直しも必要となるだろう。

(浜岡)
場当たり的であり、かつ政治的な思惑も大いに見え隠れするが、それでも菅首相の決断には敬意を表したい。すぐに日本全国の原子炉をすべて廃炉にすることが非現実的であるにしても、「原発がなくてもなんとななるじゃん」という事実を積み上げていけば、不要な電力消費・不要な原発利用は減るのではないか。その間に、代替エネルギーの開発、省エネライフスタイルの定着を図ればよい。その結果、経済成長がとまり、GDPの世界ランキングがずるずると低下しても、幸せに暮らせればそれでよいではないか。

しかし、明日にも辞任するかもしれない首相の、遠くない将来に政権交代するかもしれない民主党による”駆け込み的”な行動であることには違いない。首相が小沢かだれかにに代わったら、あるいは与党が自民党に代わったら、方針転換、ということにだけはならないで欲しいものだ。

(オーガニックライフ)
最近、夜の外食がめっきり減ったが、その分、週末のランチをオーガニックレストランで食す機会が増えてきた。最近の新しいレパートリーは武蔵小山の四季彩茶屋葉菜。ローフードの世界も勉強してみようかと思った次第。

スポンサーサイト

2011.05.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 週末

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。