スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

東京電力の信用リスク

ここ最近考えていることを、こちらの大先生が明快に記述してくれました。

東電に金を貸すのであれば原発のリスクを考慮すべきであり、そのリスクが顕在化したならば損失を被ってしかるべきだ、との官房長官発言。金融機関には原子力発電所の安全性を自ら確認する能力も、震災を予知する能力もない。ただ、国や原子力安全委員会の監督能力と「日本の原発は安全です」との言葉を信じ、国ですら想定できないような事態においては電力会社の賠償責任は免責されるとの法律をバックストップに、投融資していただけだろう。自己の監督責任を棚に上げ、電力会社をスケープゴートに支持率の上昇を狙う構図は、AIGにすべての責任を押し付けようとした米国の金融規制当局と同じである。

「到底国民の理解は得られない」と言われても、私のことはその「国民」にはカウントしないで欲しい。東電だけを悪者にしても票は稼げない。どうせなら、原発の現場で命がけで働いている東電や関連会社の社員などに国民栄誉賞を検討している、とでも言えば、支持率は回復するかもしれませんよ。

スポンサーサイト

2011.05.19 | Comments(0) | Trackback(0) | Blues

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。