スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

リプロファイリング

ギリシャの財政問題がいよいよ袋小路に突入し、国債の「満期延長」「元本ヘアカット」「不払い」などの可能性が方々で口にされている。国債の条件変更は、「リスケ(reschedule)」「リストラ(restructuring)」「リプロファイリング(re-profiling)」などと称されている、どのように”かっこよく”表現しようと、現在の支払い条件では払いきれないので変更が必要であることには変わりはない。

欧州の政策当局者には、「(CDS)のクレジットイベント(信用事由)に該当するような形での条件変更はありえない」と強調する人が多い。なぜイベント該当を回避したいのかは定かではないが、想像するに、「市場が大混乱し、システミックリスクに発展しかねない」「ギリシャの面子がつぶれる」「プロテクションを買ったヘッジファンドを利することになる」、といったあたりが頭にあるのではないか。そうだとしたら、CDS市場に対する理解不足と言わざるを得ない。

CDSのクレジットイベント決済は近年多数の事例を積み重ね、今では大きな混乱もなく淡々と決済されている。金融危機の真っ只中の2008年秋でさえも、Lehman Brothers、Fannie Mae、Freddie Mac、Washington Mutualといった超大型のイベントがスムーズに決済された。ギリシャが当事者となっているISDAマスター契約の早期終了事由に引っかかると、あらゆる種類のデリバティブ取引が早期終了となり、債権・債務額の確定やポジションの再構築など、結構ややこしいことになるが、CDSのクレジットイベント決済がシステミックリスクにつながることは非常に考えにくい。むしろ、国債の保有者に損失を強いておきながら、クレジットイベントが認定されないと、CDSのヘッジ効果に対する懸念が高まり、欧州国債を市場売却せずにCDSでヘッジしていた投資家などが、アイルランド国債やポルトガル国債を売却を進め、こちらの方がシステミックリスクを引き起こしかねない。

イベント認定が「面子がつぶれる」ことになるかどうかはなんとも言えないが、政府機関(Fannie&Freddie)や業界最大手の企業(GM、Xerox)ですらイベントを経験した後に、いまでは普通に債券を発行しているくらいだから、新聞ネタを提供する程度で済む話ではないか。

当局者が目の敵にしているヘッジファンドは、イベント認定を待たずに、もうとっくに反対売買によって利益を確定して、次の獲物を狙っていそうな気もする。

また、「クレジットイベントに該当しないように格付会社と相談している」という発言を耳にしたが、ちょっと相談する相手を間違えているのではないかという気もする。クレジットイベントは、大手ディーラーや投資家で構成されるグループの投票によって認定され、認定プロセスに格付会社が入り込む余地はない。

いずれにせよ、そう遠くない将来に決着がつくことも予想されるが、「海水を注入したら再臨界するかもしれない」に類する政策当局者の不理解による市場の混乱だけは避けたいものだ。

スポンサーサイト

2011.05.29 | Comments(0) | Trackback(0) | CDS

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。