スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

GCを使ってみた

我が家にGCが届いた。GCと言えば、クレジットの世界ではGoing Concern、将棋の世界ではGrand Champion、野球の世界ではGiants vs Carp、だが、我が家に届いたのはウクライナ製のGeiger Counter。早速色々と計測してみた。

地元の自治体のホームページでは、毎時0.04マイクロ・シーベルト程度の数字が報告されているが、我が家の室内では0.08くらい、家の外は0.10くらい、多摩川沿いを歩くと0.13~0.14くらい、一部の茂みでは0.16くらい、と、予想通り場所によって相当数値がぶれる。これだと、一日中家にこもっていても年間で0.7ミリ・シーベルト程度被曝することになる。「流通している食材は安全」と信じて普通に外食し、普通にスーパーで食材を買い、普通に水を飲み、マスクをせずに歩く平均的な東京人でも、内部被曝を含めて年間1ミリ・シーベルトの規定値を軽く超えてしまう。風評被害と言う言葉を履き違えて、被災地を応援するとの名目で放射能に汚染された野菜・魚を積極的に食べれば、累積で結構しゃれにならない数字になる。

素人が簡易計測器で測っている以上、自治体の計測値とずれるのは当然なのかもしれないが、地上からの高さや場所によっては放射線の強さが結構違うことは認識しておくべきだろう。最近、やっとNHKや新聞でもこの事実を取り上げるようになって少し前進だが、遅きに失した感も否めない。日本にいる以上、今後長期に亘って放射線と付き合わなければならないわけだから、被曝に関する話題をタブー視せずに、堂々と議論すべきだ。天気予報でも、「本日は北寄りの風が強いでしょう」だけではなく、「よって、○○地方には放射性物質が飛散しやすいでしょう」くらい言って欲しいものだ。

という私も、公園の砂場で遊んでいる小さい子の横でGCを使って数値を計測するのはためらわれた。あなおそろしや、母の視線、、、。

スポンサーサイト

2011.06.11 | Comments(0) | Trackback(0) | Blues

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。