スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

『日本に自衛隊がいてよかった』

本日発売の『日本に自衛隊がいてよかった』を読了。筆者は自衛隊取材の第一人者である桜林美佐さん。長年にわたるジャーナリスト活動を通じて自衛隊関係者と信頼関係を築いてきただけに、描かれた内容は果てしなく広く、そして深い。震災後に夕刊フジに連載されていたショートエッセイをまとめて加筆したものであり、先月刊行された麻生幾氏の『前へ!』とは違ったタッチであるが、どちらも政府からの発表や政府系のメディアからは報じられない真実を如実に綴ったものであり、震災発生から半年経った今、被災者の方々と心を通わせるためにも是非読んで欲しい本です。

書店からの帰り道、待ちきれずに電車の中で読み始めたのだが、人情味溢れるストーリーに人前で思わず涙をこぼしそうになってしまった、、、。

今思い返せば、3月17日のロンドン・ニューヨーク時間には、福島原発に対する懸念からあらゆる市場が乱高下したのだが、材料とされたEUの高官の発言の数々、

“Situation at Japan nuclear plant out of control”
“Possible catastrophic events in next hours”
“Japan situation risks major disaster”

は、まったく大げさなものではなく、真実そのものだったんだな、、、。政府当局も、情報を隠そうとしていたというよりも、状況を正確に把握できていなかった、ということのようで、改めて背筋が凍る思いがする。こうした事故の原因や事故後の対応に対する調査・報告・反省なしに、経済成長を優先して老朽化した原子炉の再稼動を急ぐ神経がわからない、、。

スポンサーサイト

2011.09.10 | Comments(1) | Trackback(1) | Blues

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016-01-20 水 14:52:35 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。