スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

船戸陽子二段、上々のデビュー

先日日本将棋連盟からLPSA(日本女子プロ将棋協会)へ移籍した船戸陽子二段が、本業の将棋で”LPSAデビュー”した。移籍前後に体調を崩して入院していたとのことで心配していたが、一昨日のマイナビ女子オープンでデビューを果たし、昨日のLPSA 1day tournamentでは決勝で石橋女流王位を破って見事優勝した。年齢的にもまだ伸びしろがあると思うので、今後の活躍を期待したい。

全般に、マイナビ女子オープンの予選の結果はLPSAファンとしては少々がっかりした。本選出場13枠のうち、LPSAからは中井広恵LPSA代表が勝ちあがったのみで、他の棋士は全員予選落ちした。残念ではあるが、勝負の世界はシビアであり、大きな意外感はない。実績がない10代・20代の伸び盛りが実績のある中堅・ベテランを破っていくのは男の世界でも同じだし、日頃から研究に時間を使える棋士が勝つのは当たり前のことである。組織の運営、普及・営業活動で精一杯のLPSAの棋士は研究の時間どころか睡眠時間すら確保するのが大変だろう。

棋士は勝ってなんぼで、本業がおろそかになっては元も子もないといった批判もあろうが、それはケースバイケースだと思う。男の世界でも、中途半端に本業で活躍している棋士よりも、本業はからっきしだが将棋界の宣伝塔として活躍している神吉宏充六段の方が将棋の普及やスポンサーの確保にどれだけ役に立っているかわからない。みんながみんな羽生・森内であるわけではなく、ある程度の年齢から本業以外での将棋の普及に力を注ぐのも立派な道なのだと思う。

たとえば、女性への普及、特に若年層への普及は将棋ファンの裾野を広げるためにも不可欠で、誰かがLPSAのように注力する必要がある分野である。LPSAの活躍で将棋ファンが増加し、日本将棋連盟の出版物や免状の売上げが伸びたり、アマチュアの将棋大会が盛況になるといった効果もあるだろう。その意味でも、引き続きLPSAの活動にはエールを送り続けたいし、いつかLPSA内でもより運営に力を入れる人、より普及に力を入れる人、より勝負に力を入れる人、といったように役割分担ができるほど人手に余裕ができる状況になることを願いたい。

スポンサーサイト

2008.07.22 | Comments(0) | Trackback(0) | 将棋

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。