スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

モノライン最後の砦に格下げの可能性?

Moody’sは昨日NY時間の遅くにモノライン保険会社のFSAとAssured GuarantyのAaa格付けを格下げ方向で見直すと表明した。MBIAやAmbacなどの最大手がAaaから格下げされる中で、ABS CDOの保証を避けるなど比較的保守的な運営を行なってきたこの2社のAaaは当面は安定的かとも思われたが、予断は許せなくなってきたようだ。Moody’sによると、格下げしたとしてもAa2を下回る可能性は低いとしている。

FSAについては、ABS CDOは概ね回避してきたが、HELOCやCES等のモーゲージのエクスポージャーの毀損や、asset management業務(GIC等)における資産の劣化について、PershingのAckman氏の“攻撃”の対象となっていた。一方、先般も親会社のDexiaが50億ドルのコミットメント・ラインを設定するなど、親の強いサポートの存在によって他のモノライン大手と比べて資本の増強が相対的にスムーズに行なわれていた。Moody’sは、今後もDexiaのサポートが必要なだけ無条件に行なわれるか定かではないとし、モノライン業界全体が低迷して新規ビジネスの見込みが不透明であることや、レバレッジが高いことから保有資産の損失の想定を厳しくした場合の影響が大きくなりうること等を理由に、Aaa格に値しない可能性があるとしている。

モノラインの今後のビジネスの継続性については多いに疑問の余地はあるが、それにしても最近の格付会社のモノライン格付けの手法変更には違和感がある。AmbacやMBIAの時もそうであったが、新規ビジネスの見込みが不透明であることを格下げ要因にしているが、保険会社の保証履行能力を考える時、必ずしも新規ビジネスを行なうことがプラスになるとも限らないだろう。モデル上の保証ポートフォリオの損失見込みにしても、ここ数ヶ月で急速に厳しくストレスをかけ始めているように見えるが、世の中の動きを見ているとここ最近急に悪化したわけでもない。FSAの資本は$6.5billionで、Moody’sのAaaに必要な最低ラインの数値を上回り、最低ラインの1.3倍を$140millionだけ下回っているが、以前であればこれくらいの数値で格下げすることはなかったであろう。先般の日本国債の格上げのケースも同じと思われるが、はじめに結論ありきで、それに対して後から理屈をつけているようにしか思えない。

今回の声明の最後に、今後は親会社のDexiaの対応次第だといったようなニュアンスのコメントがあったが、Dexiaにしても格付け基準や方針がころころと変わっている間は、どうサポートしていいものか、対応に困るのではないか。

スポンサーサイト

2008.07.22 | Comments(0) | Trackback(0) | モノライン

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。