スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

クレジットイベント決済

9月はCDSのクレジットイベントの“当たり月”で、市場参加者や業界団体のISDAにとっては非常に忙しい月である。とりあえずはAIGが今のところはクレジットイベントに該当しなさそうな感じであり、多くの市場参加者はホッとしているだろう。イベントに該当している企業の中ではTembecはまだいいとしても、Fannie Mae、Freddie Mac、Lehmanの3社については取引量が多いこともあって神経質になるところである。IFRによると、イベントの発生以降にTriOptima社がCDXインデックスやシングルネームCDSの相殺・解約作業を追加的に行なっていることから、ある程度の取引残高の減少は見込まれている。

CDSは標準的には現物決済として契約されているが、ISDA等のアレンジによってこれを現金決済(と現物決済の組合せ)に変更する慣行(=クレジットイベント決済プロトコル)が一般化している。もちろんプロトコルは任意参加なので、元の契約に従って現物決済を行なうことも可能である。先週の金曜日には、これらの企業を参照するCDSのクレジットイベント決済プロトコルのスケジュールなどがISDAから発表された。

GSE2社については引渡可能債務の“仮”リストが発表され、2社のシニア債と劣後債の合計で231銘柄がリストアップされている(ゼロクーポン債は含むがPrincipal Only債は含まれていない)。来週からこのリストについて市場参加者の意見をつどい、9月29日に最終のリストと最終のプロトコルを発表し、10月6日に入札を行なう、といった“仮”スケジュールになっている(変更の可能性あり)。Lehmanについては、同じ週の10月10日が入札の予定日とされている。

短い期間での大企業3社の破綻という前例がない事態であるだけに多少の混乱は避けられないと思われるが、さらなる企業の破綻や市場の混乱によって上記のスケジュールに大きな影響がでないことを願いたいところだ。前向き(?)な話としては、今回ConservatorshipによってGSE2社がいわば”テクニカル”にクレジットイベントに該当したことを受けて、今後GSEを参照して取引する場合には”Conservatoship”をイベントの対象からはずす旨の文言を加えることの是非が議論されている。

スポンサーサイト

2008.09.21 | Comments(0) | Trackback(0) | CDS

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。