スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

週末の懸念事項をいくつか

<Execution risk?>
Depfaを傘下に持つHypo Real Estateに対して、ECB・Bundesbank・民間の銀行団で350億ユーロの信用枠を設定する案が先週にEUによって承認されていたが、週末になって民間の銀行団がこの案を撤回してしまった。民間の銀行団は「現在代替案を検討中」としているが、”救済案・国有化案の実行リスク(execution risk)”を意識せざるを得ない出来事になってしまった。Hypo Real Estate側は、同社が非常に厳しい状況にあることを認識して欲しいと、半ば脅しともとれるようなコメントを出しているが、果たして速やかに実効性のある代替案がでてくるのだろうか。

CitigroupによるWachoviaの買収も、金曜日にWells Fargoの横槍りが入り、新聞報道では公的資金なしのパッケージを提案したWells Fargoが優位とされていたが、NY地裁はCitigroupに独占交渉権を与えたようだ。Wells Fargoの案はWachoviaの資産についてのTaxメリットを最大に活用していることから、公的資金を使わないといっても税収が減るという意味で実質的には大きな差はないのかもしれない。いずれにしても、話が長引いて"execution"が滞ると、市場センチメントにとって悪材料でしかないように思う。

<その他欧州金融機関>
オランダ政府がFortis Bank NVと保険部門を100%取得したとのこと。預金者や債券保有者にはポジティブと思われるが、CDSはどうなるだろうか。政府の100%保有ということで、テクニカルにクレジットイベントに該当するリスクが少しだけ気になる。

ギリシャがアイルランドに続いて国内金融機関の債務保証を宣言した。EU内ではアイルランド政府の措置に反発する声もあり、週末の欧州首脳会談でも一部足並みがそろわない部分が露呈されるなど、欧州金融機関の受難はまだ続きそうな気配だ。

<モノラインの現状>
・FSA・Assured
--- Moody'sは格付け見直しの結果を9月上旬に発表すると言っていたが、さすがにそろそろ何らかのアクションがあってもおかしくない。FSAの力強い”スポンサー”だった親会社のDexiaが資金繰り難に巻き込まれたことは、FSAにとっては大きなマイナス材料だ。FSAとAssuredが現在のAaaから格下げされると、同社に再保険でリスクを移転していた他のモノラインにとっての再保険によるリスク削減効果が減り、また、パブリックファイナンス案件やSuper Seniorのヘッジを行なっていた大手金融機関もカウンターパーティーリスクについて引当てを増やすことも予想される。

・Ambac・MBIA
---こちらもMoody'sは現在のダブルA(Ambac)とシングルA(MBIA)から複数ノッチ格下げする可能性を示唆し、その結論はいつでても不思議はない状況である。格下げは、上述のように他のモノラインや大手金融機関に影響をもたらす。もちろん、ラップつきの証券化商品や地方債などのパブリックファイナンスにも影響は及ぶことになり、先般ARSの買戻しを発表したUBSなどの大手金融機関にとってはこちらでもネガティブな影響を受ける。さらには、格下げによってGICにおける早期償還や追加担保提供の義務が発生して、同社の流動性にもさらにプレッシャーがかることにもなる。

・FGIC・Syncora・CIFG
---Commutationや地方債ポートフォリオの再保険など、大幅なリストラは進行中であるが、保証する住宅ローン関連の証券化商品の劣化のスピードが速く、引き続き綱渡り状態と思われる。Commutationを行なっても、格付会社は格上げには慎重な姿勢を崩さない。


きりがないので、この辺で、、。

スポンサーサイト

2008.10.05 | Comments(0) | Trackback(0) | モノライン

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

CalendArchive

人生が輝き出す名言集



presented by 地球の名言

プロフィール

dbsb

Author:dbsb
ようこそ。

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。